退屈の概念を変えてみた。

最終更新日

皆さまこんにちは。すきまとです。

突然ですが皆さまは、退屈した事ありますか?

お前は何を聞いてんだwwと思った方…大正解です(●`・ω・)ゞ<ok!

この在って当たり前の退屈ですが、ある事が疑問に思ったので少し調べてみました!

ここからが本題です!

まずは何が疑問に思ったかというと、退屈って悪いものなの?って事でした。

自分は時間を有効に使いたいので、退屈(暇?)な時間はあってはならないと考え様々な予定を入れスケジュールをパンパンにして生きてきました。一般的に言えばスマホをいじったり、ゲームアプリやったり、YouTubeをみたりといった事が当てはまると思います。

そして、ネットサーフィンをして分かった事は必ずしも悪ではないという事でした。※メリット・デメリットを簡単にまとめました。ネット情報なのであくまでも参考程度と思って下さい。

メリット:創造性を高める。無意味な時間を減らせる。

デメリット:慢性的に退屈だとうつ病等精神疾患にかかる可能性がある。

特に自分では、無意味な時間を減らせる。つまり、ゲームアプリやYouTubeの使用時間が無意味である事を改めて気付かされました(;´∀`)

ちなみに以前の記事でYouTubeを1週間みるのをやめましたが、いまだに1日:1~2時間はみていますorz⤵

またYouTubeがやめられないのは、退屈な時間はあってはならないという強迫観念じみた考え(退屈=悪)によるものかもしれません((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

退屈を埋めていたものをやめる。

自分はゲームアプリとYouTubeを規制する事にしました。

まずはiPhoneの設定でスクリーンタイムから各機能の時間的制限を設けました。

そして、YouTubeはブラウザの拡張機能でYouTubeの閲覧を禁止する設定を施しました。

これで退屈を紛らわすためにやっていたものが無くなり、退屈と向き合う時間が出来ました!!

今後、想像性がUPするのか?規則正しいまともな生活が送れるようになるのか?

自分や生活の変化が楽しみです(^ω^)/

その続きの記事がこちら→「準備中」

すきまと